私のダイエットに関する思い、夏までに笑われない体形になりたいら

ダイエットとはモチベーションをいかに維持できるかという戦いである!そもそもダイエットの定義としては短期間で体重を落とすことが目的かと思います。
しかし、なかなか思うように体重が落ちないのは、みなさん経験があることと思います。

私は5年ほど前に「一生ダイエットする!」と自分自身に宣言しました。
それは、ダイエットとは一生続けていかなければならないものだと思ったからです。

しかし今現在、体重は5年前よりも更に増えてしまいました・・・。

メンタルクリニックに通っていることも原因としてはあるかと思いますが、やはりモチベーションの維持が非常に難しいですね。

5年前は見事ダイエットに成功して、今より20kg.くらい痩せていました。

自分の体に合ったダイエット術を探し出したことで、運動と食事の歯車がマッチして、栄養管理がきちんとできている→体の疲れやだるさが気にならなくなる→運動しようというやる気が起きる→運動する→たくさん動いたのでごはんをたくさん食べる→栄養が体に行き渡る、といった、良いスパイラルができていたように思います。

良いスパイラルに乗っかることができれば、「運動しないと気持ち悪い」というような気持ちになってきたりします。乗っかるまでの努力がとても大変ですね。

現在の私はというと、やる気が起きない→ごはん適当なものでいいや→運動する体力がつかない→運動せずに食べてばかり、というような状況です。

この現状で今、私が思うことは、やっぱりダイエットはモチベーションをいかに維持できるかが大事であり、最もモチベーションを上げてくれるものは、やっぱり恋をすることが一番だな、と思います。